現在の別荘は快適性が格段に増しています

近年では住宅建設における技術は格段に進化していることから、20年や30年前と比較すると別荘建設においても快適性が増しています。

建設業者の技術が向上していることから、断熱性や気密性を高めることで、冷暖房の効率を高める設備が導入されているものが多くなっています。
設備が整えられている住宅であれば、外部との環境の差が大きい高原地域であっても快適に過ごしやすくなっています。

軽井沢の別荘についてわかりやすく説明しています。

別荘の特徴としては不在の期間が長くなるという点がありますので、室内の空気が停留しやすくなることや、多湿な時期には床や壁にカビが発生しやすいということが考えられます。



そのために通気性を高められる空間設計を行っておくことや、24時間いつでも換気できる設備を導入しておくことで、湿気を除去できる住宅となり、湿気の問題が少ない爽やかな住空間にすることが可能になります。現在では高齢化社会が進んでいますので、別荘の場合でも転倒の危険を考えた住宅であったり、移動がしやすいなどの配慮がされている住宅を建てる必要があります。

高齢者が過ごしやすい居住空間にするには、トイレやバスルームなどの段差を解消しておくことや、手すりを設置しておくなどの、室内事故を防止できるバリアフリー設計の別荘にすることも可能です。ひと昔前の別荘では、窓の少ない小部屋が多いタイプの設計が主流でしたが、最近ではリビングダイニングやキッチンなどを1つの部屋に集約させている、大きな空間を利用したタイプのものが主流となっています。